カテゴリ: └ 八重のあらすじ( 50 )

あらすじ 最終回(第50回)

d0017307_2194680.jpg
いつの日も花は咲く 12月15日放送

物語

1894(明治27)年、八重(綾瀬はるか)は従軍篤志看護婦として広島陸軍予備病院で日清戦争の負傷兵たちを看護していた。院内ではコレラや赤痢などが発生し危険な状況だったが、八重は感染にひるむことなく勇敢に看護に従事、若い看護婦たちを見事に統率する。
その功績がたたえられ皇族以外の女性では初となる宝冠章を受章した。しかし、戦のない世を願う八重は、晴れない気持ちを抱いたまま故郷・会津を訪れる。そこで、思いがけない人物と再会し…。



d0017307_21101984.png
日本のナイチンゲール

篤志看護婦として新たな道を歩み始めた八重。そんななか、日清戦争が勃発。「敵味方関係なく、苦しんでいる人たちを救いたい」――どんな患者にも臆することなく果敢に挑んでいく八重の姿は、人々の心を癒やしていきます。


d0017307_21104854.png
頼母が再び登場!
八重の人生を大きく変えた、会津戦争から30年。人々は会津での戦をどのように受け止め、新しい時代をどう見つめてきたのか。懐かしのあの人も、当時を振り返り、八重にエールを贈ります。



【略年表】
d0017307_21111469.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-12-08 21:12 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第49回

d0017307_2162963.jpg
再び戦を学ばず 12月8日放送

物語

1890(明治23)年に教育勅語が発表されると、覚馬(西島秀俊)は天皇への忠義を課す一節に懸念を抱いていた。
そんな覚馬のもとに東京から健次郎(勝地涼)が訪ねてきた。健次郎は兄・浩(玉山鉄二)に代わって川崎尚之助(長谷川博己)の会津戦記を仕上げるために、京都でどのように薩長と戦っていたかを覚馬に詳しい話を聞く。しかし、覚馬が薩長にも勤王の志はあったと語ったことに、健次郎も八重(綾瀬はるか)も激しく反論する。
その後、同志社の卒業生たちに不戦の精神を説いた覚馬は、荷を下ろし、安堵(あんど)したかのように病床に就いた。



d0017307_217217.png
容保、最期の願い

かつて容保が孝明天皇から下賜された「御宸翰(ごしんかん)」。これこそが、会津が逆賊でないことの証。それをなぜ容保は公開しなかったのか…。会津藩主として、容保が家臣に託した最期の思いとは?


d0017307_2172676.png
あんつぁまの遺志

京都の教育・産業・医療とあらゆる分野に大きな影響を与えてきた覚馬。再び戦を起こさぬために、今できることは何なのか――。最期のときまで国やふるさとを思い、皆に進むべき道を示していきます。



【略年表】
d0017307_2175042.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-12-01 21:07 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第48回

d0017307_21324260.jpg
グッバイ、また会わん 12月1日放送

物語

関東に向かった襄(オダギリジョー)は、同志社大学を設立するための募金活動をしていたが、体調を崩してしまい、大磯の旅館で療養していた。見舞いに訪れた徳富蘇峰(中村蒼)は、八重(綾瀬はるか)に病状を伝えるべきだと言うが、襄は断固としてそれを拒む。
一方、京都では、八重が襄からのはがきの文字で、夫の体調に異変があったことを察知する。すでに襄の病状を知っていた覚馬(西島秀俊)から事情を聞き、予感が真実だったことを知った八重は急ぎ大磯へ向かう。



d0017307_2133544.png
最愛の妻へ…

死を目前にしてもなお、同志社大学設立のために活動を続ける襄。しかし、刻一刻と迫る最後のとき。「まだ別れたくない」――ポロポロと涙を流す八重に、襄が掛けた言葉とは? 最愛の妻へ贈るラストメッセージは感動必至!


d0017307_21331975.png
新たな一歩

後に日清・日露戦争の傷病者を救護することになる「日本赤十字社篤志看護婦人会」が誕生。八重は“看護学”という新しい分野へ挑戦する機会を与えられますが、いつものやる気はどこへやら。とても後ろ向きな八重。そんな妹を、覚馬が一喝します。



【略年表】
d0017307_21335277.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-11-24 21:34 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第47回

d0017307_21465064.jpg
残された時間 11月24日放送

物語

同志社の大学設立に奔走する襄(オダギリジョー)だが、心臓病を患い体調の思わしくない日が続いていた。八重(綾瀬はるか)は、資金集めのために動き回ろうとする襄を必死に止めるが、襄は全く聞き入れない。
そんななか、東京の大隈邸で同志社大学設立のための募金集会が開かれることになり、襄は八重と共に東京に向かう。募金集会は無事成功し、多くの寄付金を集めた襄だったが、体調はさらに悪化し、鎌倉でしばらく静養することに。そしてついに、八重は主治医から襄の命が長くないことを告げられ…。




d0017307_21471681.png
命懸けの演説

同志社大学設立の募金集会で、名だたる財界人を前に熱弁を振るう襄。伝えたい思いはただひとつ「この国の柱となる人々を育成するため、大学をつくりたい」。聴衆の反応やいかに!? 八重や徳富蘇峰(猪一郎)もそのゆくえを固唾を飲んで見守ります。


d0017307_21474851.png
余命を宣告され…

襄に残された時間はあとわずか――。医者にそう告げられた八重は、ただ言葉を失うばかり。そのことを悟られまいと、襄の前ではいつもどおりに明るく気丈に振る舞います。しかし、夫の襄はすべてお見通しだったようで…。



【略年表】
d0017307_21484037.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-11-17 21:49 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第46回

d0017307_2125133.jpg
駆け落ち 11月17日放送

物語

母・時栄(谷村美月)が覚馬と離縁し、山本家を出ていって以来、ふさぎ込む久栄(門脇麦)。八重(綾瀬はるか)は、母親代わりになろうと久栄を気遣うが、なかなか心を開いてくれない。
そんななか、久栄がただひとり心を許したのが徳富猪一郎(中村蒼)の弟・健次郎(太賀)だった。優秀な兄といつも比較され肩身の狭い思いをしている健次郎と、山本家に居心地の悪さを感じている久栄。2人は悩みを打ち明け合ううちに、結婚を意識し合うようになる。しかし、その展開に八重が猛然と待ったをかける。



d0017307_21252731.png
閉ざされた久栄の心

母・時栄が家を出てから、すっかり元気をなくした久栄。八重は母親代わりになろうと奮闘しますが、溝は深まるばかりです。そんななか起こる久栄の駆け落ち騒動。久栄は、小説家をめざす徳富健次郎(徳冨蘆花)と共に内緒で東京に向かおうとするが…。


d0017307_21255576.png
愛する人たちとの別れ

伊勢時雄とみね夫婦に男児が誕生! ひ孫の誕生に、佐久も目じりが下がりっぱなし。山本家は幸せな空気に包まれます。しかし、幸せな時間はそう長くは続かず…みねに訪れる最期のとき。そして、襄の父・民治までも。



【略年表】
d0017307_21262679.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-11-10 21:26 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第45回

d0017307_21381011.jpg
不義の噂(うわさ) 11月10日放送

物語

襄(オダギリショー)がアメリカから5万ドルという巨額の資金援助をたずさえて、1年8か月ぶりに帰国した。八重(綾瀬はるか)は、襄との久しぶりの再会を喜ぶ。
これで大学設立は順調に進むかと思えたが、時栄(谷村美月)と青木(永瀬匡)の不倫関係がうわさ話となって町に知れわたり、同志社の宣教師たちからも不協和音が噴出する。事態収拾のため、覚馬(西島秀俊)は商工会議所会長を辞職するが、責任の重さを悟った時栄は…。



d0017307_21374182.png
女学校のため、八重が戦う

襄の留守中に、同志社女学校が廃校の危機に!? 頭を抱える教師たちを前に、八重が「ピンチはチャンス!」とばかりに早速行動に出ます。寄付を集めるため、実業家たちのもとを訪ねたり、授業参観を開催したり。果たして、八重は学校を守ることができるのか!?


d0017307_21384699.png
妻であり、女であり

青木栄二郎に好意を寄せられ、時栄の心に芽生えた許されざる思い。覚馬の妻が書生と不倫――この時栄の軽はずみな行動は、瞬く間にうわさとして知れ渡り、窮地に追い込まれていく山本家。八重に詰め寄られた時栄は、女としての複雑な心の内を明かします。



【略年表】
d0017307_21392773.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-11-03 21:39 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第44回

d0017307_2262392.jpg
襄の遺言 11月3日放送

物語

八重(綾瀬はるか)が心配するなか、襄(オダギリジョー)は同志社英学校を大学にする資金集めのため、欧米に旅立った。留守を任された八重だったが、女学校の運営方針をめぐって米国人宣教師たちと口論になり、険悪な状態になる。すると、そこへスイスの襄から遺書が郵送されてくる。
一方、覚馬(西島秀俊)のもとには、青森から青木栄二郎(永瀬匡)という書生が訪ねてきていた。彼は山本家に住み込み始めるが、次第に時栄(谷村美月)に好意を寄せるようになる。



d0017307_2275277.png
残された力を振り絞って…

同志社を大学にしたい――。その夢を実現するため、襄は単身海外へ。しかし、襄の病気はどんどん進行していき、耐え難い苦しみが彼を襲います。残された時間がそう長くはないと悟った襄は、ある行動に出ます。


d0017307_2295654.png
嵐の予感!?

若くてかっこいい新顔の登場です! 山本家を訪れた彼の名は、青木栄二郎。新しい学問を学ぶため、青森から京都へやってきた青年です。早速山本家に住み込み、勉強を始めるのですが…なにやらよからぬ雰囲気が。どうなる山本家!



【略年表】
d0017307_22102685.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-10-27 22:11 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第43回

d0017307_21433372.jpg
鹿鳴館の華 10月27日放送

物語

襄(オダギリジョー) は八重(綾瀬はるか)と共に、同志社大学の設立を陳情するため東京の勝海舟(生瀬勝久)のもとを訪ねた。
そして、2人はその帰りに山川家に立ち寄る。山川家には、旧薩摩藩士の陸軍中将・大山巌(反町隆史)が、長期留学から帰国したばかりの山川家の末娘・捨松(水原希子)を嫁にほしいと日参していた。旧薩摩藩士との結婚に怒りを抑えきれない長兄の浩(玉山鉄二)と、迷いを捨てきれない妹の捨松。その様子を見かねた八重は一計を案じるが…。




d0017307_2147410.png
悩める捨松の心

西洋の流儀や学問を身につけ、意気揚々と日本に帰ってきた捨松。同じく留学生だった津田梅子と共に、女子教育を確立させるべく奔走しますが…維新後の日本には女性が働く場がなく、逆に疎まれる始末。さらに、洋装姿を奇異の目で見られ、まるで外国人扱い。心折れかけた捨松に、手を差し伸べたのは…。


d0017307_2147566.png
八重、大山巌と腕相撲!

捨松の結婚をめぐり、八重が大山巌と腕相撲で勝負をすることに…。今度こそ負けるわけにはいかねぇ――。あの会津戦争の汚名返上とばかりに、息巻く八重。浩と健次郎も応援に熱が入ります。さて、勝利の女神は一体どちらに微笑むのか!



【略年表】
d0017307_21493269.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-10-20 21:50 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第42回

d0017307_21191274.jpg
襄と行く会津 10月20日放送

物語

襄(オダギリジョー)と八重(綾瀬はるか)は、新婚のみね(三根梓)と伊勢(黄川田将也)を連れ立って、会津への伝道旅行に出かける。みねを連れていくことにしたのは、生き別れたみねの母・うら(長谷川京子)に再会できるかもしれないという淡い期待があったからだ。
そして、八重たちはついに懐かしい故郷の土を踏みしめる。山本家が建っていた場所は長屋に変わっていたが、かすかに角場の遺構を見つけて思い出に浸る八重とみね。すると、そこへ懐かしい顔が現れ…。



d0017307_2121444.png
懐かしい顔との再会

襄と共に会津の地を訪れた八重。その心によみがえる数々の思い出。初めて鉄砲に触れたときのこと、尚之助にプロポーズされたときのこと、あの悲しい戦争のこと…。変わり果てた故郷を見つめ涙する八重を、変わらぬ笑顔で迎えてくれたのは、この人たちでした。


d0017307_21212566.png
母娘の涙

母と娘の悲しい別れから11年。うらとみねは、ようやく再会の時を迎えます。思わず笑みがこぼれ、うれし涙を見せる娘。母もまた、立派に育ったわが子の姿に感極まり涙。2人が見せる、喜びと悲しみの涙…必見です。



【略年表】
d0017307_2121469.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-10-13 21:21 |  └ 八重のあらすじ

あらすじ 第41回

d0017307_2119186.jpg
尚之助との再会 10月6日放送

物語

板垣退助(加藤雅也)たちの自由民権運動が勢いを増すなか、覚馬(西島秀俊)ら京都府議会は、新聞を使って世論を動かし、槇村(髙嶋政宏)の横暴な府政に攻撃を仕掛けていた。
そんなある日、今治で伝道に励む同志社卒業生の伊勢時雄(黄川田将也)は、かねてから心を通わせていた覚馬の娘・みね(三根梓)に結婚を申し込む。母・うら(長谷川京子)のために婿をとって山本家を継がねばと思っていたみねは、すんなりと結婚を許した覚馬に激怒。八重(綾瀬はるか)は、みねを心配して言葉を掛けるが…。



d0017307_21214141.png
覚馬 vs. 槇村

覚馬と槇村との間に、なにやら不穏な空気が…。税の追加徴収をめぐり、槇村と京都府議会が対立。京都府知事という立場を利用し、府議会の意見を無視する槇村の独断専行を制すべく、覚馬が考え出した策とは?


d0017307_21221251.png
みねの本音

伊勢時雄に思いを寄せていたみね。伊勢もまた、みねを妻にしたいと覚馬と八重に結婚の許しを請います。めでたく恋が実り、ついにふたりは結婚!? と思いきや、みねはなぜか浮かない顔。そこには、別れた母への思いが…。



【略年表】
d0017307_2123739.gif


[PR]
by cmailjp | 2013-10-06 21:23 |  └ 八重のあらすじ


( ‘ jjj ’ )/


by cmailjp

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
▶ naohito
├ 2012 himono-movie
└ 2001 LR
■ 大河ドラマ
├ 2013 yaenosakura
 └ 八重のあらすじ
 └ 八重の視聴率
 └ 八重の動画
├ 2012 kiyomori
 └ 清盛のあらすじ
 └ 清盛の視聴率
 └ 清盛の動画
■ ドラマ
├ 2015年全期
├ 2014年全期
├ 2013年全期
├ 2012年全期
 └ goingmyhome
 └ ohoku
├ 2011年全期
 └ syuhutan
 └ shiawase
 └ CONTROL
├ 2010年全期
 └ Hotaru 2
 └ Mother
├ 2009年全期
 └ yako
 └ ikesoba
├ 2008年全期
 └ ryuseinokizuna
 └ shibatora
 └ around40
├ 2007年全期
 └ Hotaru
├ 2006年全期
 └ Nodame
 └ Kazoku
└ 2005年全期
■ 映画
■ 気になること
■ Movie&Dorama
■ 一人旅
 └ 逆ロケハン
■ 独り言

ホットリスト

検索

その他のジャンル